【魚】ほうぼうの週末作り置き献立

【魚】ほうぼうの週末作り置き献立魚(からすみ・珍味)
スポンサーリンク

こんにちは。

都内で発酵ワークショップnanairo!を主宰しています、マキ太です。

はじめての方は、こちらもどうぞ。

nanairo!の紹介

自家製の発酵食品を使った料理は、Twitterでほぼ毎日更新中。

マキ太@発酵生活

 


 

天気のいい週末、

こんな時は海へ!

ここ数日、家族5人で家ごもり。

↑パパもテレワーク中

気付けば、家から半径1kmで生活していました。

浜辺はほぼ貸切です。

↑いつでもどこでも一緒のホーローのコップ。
無印のアクリル冷水筒(廃盤品)も、アウトドアお出掛けの必需品。

途中の農園の直売所で買ったいちごを食べながら、

ひたすら遊びます。

↑マキ太も運動不足解消中

↑ケーキ作り放題

帰り道、1週間分の食材を購入します。

道の駅や地元の八百屋さんには、

その日に採れた、新鮮で珍しい野菜が沢山。

旬の野菜を食べると、身体も気持ちも元気になれる!

そんな気がします。

魚担当のパパ、

今日は大きめの方々ほうぼうが安かったようです。

↑いつも買う大きさ(1パック分)

↑今回は1パック2尾、大きいものは500g超え!
この値段でいいんですか!?

ほうぼうは、大きいものになると、

料亭などでお造りとして出される、

まさにthe高級魚です。

都内のスーパーではなかなかお目にかかれない魚。

海の近くだと、そんな魚も手に入りやすいんです。

↑毎日来た~い!!

ちなみに、ほうぼうは海底を歩くように動き回ります。

その姿が美しい

↓この部分を翼のように広げます。

↑ボク、葛西臨海水族園にいるよ/

観て楽しい、食べて美味しい、

魅力的な魚です!

『ほうぼう』週末まとめて作り置きレシピ

先日の『情熱大陸』。

魚食普及人の上田勝彦さんのエピソードを見て、

長男は魚への興味が増したようです。

魚離れ!?

いやいや、わが家は”魚愛”で溢れています。

↑冷蔵庫も魚で溢れています。

昆布締め:刺身で食べても美味しいほうぼうに、さらに旨味をプラス!

ほうぼうの身は、色もきれいで、

甘みがあります。

今回のように、1匹500g以上あるような時は、

是非刺身に!

そして、その日に食べない場合は、

是非昆布締めに!

3枚おろし、

身に塩をひと振りし、真昆布ではさむだけ。

↑真昆布は北海道の尾札部おさつべ産
昆布締めには最高の天然昆布

昆布がしっとりして、旨味が身に移っていきます。

2、3日で出来上がり。

甘みが一層引き立ちます。

驚くほど昆布の香りがします。

干物:一晩でふっくらやわらか干物作り

ほうぼうは、背開きで開きます。

↑丸に近い形の魚は、背で開いた方が火のとおりが均一になる。
パパ流魚のさばき方

ほうぼうはうろこが細かく、処理が簡単です。

↑作業時間は、”さばく”がほぼ9割。

5%の塩水を用意します。

魚の黒目が全体的に白くなったら、

塩水から出します。

↑大体1時間くらい

冬の時期は、屋外で一晩干します。

塩の入り方も丁度いい、

ふっくらと美味しい干物になります。

↑干物好きになる事、間違いなし!

漬ける:酒粕漬けと三五八漬け

酒粕漬けは、酒粕と味噌を同量混ぜ、

みりんで馴染ませます。

魚も肉も美味しくなる、名脇役です。

↑酒粕と味噌と酒で漬けると、こんな珍味に。

そして三五八さごはち漬け

塩3:麹5:米8』の割合で合わせた、

麹漬けの漬け床です。

東北育ちのマキ太にとっては、懐かしい味。

↑ぬか漬けより、おそらくメジャーなお漬物。

野菜も一晩で美味しくなるのですが、

実は魚を漬けると、これまた絶品なのです!

↑三五八漬け

塩麹と似ているようで、結構違います。

魚の甘さを、いい塩梅あんばいで引き出してくれます。

内臓を食す:浮き袋と卵

↑浮き袋(左)と卵(右)

浮き袋は魚肚に、

卵はからすみにします。

魚肚:浮き袋がコラーゲンたっぷりの珍味に!

浮き袋を乾燥させた魚肚ぎょと

中国では高級食材として重宝されています。

↑本来は大きな魚の浮き袋のようです。

冷蔵庫で乾くまで乾燥させます。

大きさにもよりますが、1~2週間でカラカラになります。

↑こうなれば完成です。

水分が残っていると、カビの原因になりますので、ご注意を!

使う時は、水で戻して食べやすい大きさにカットします。

独特な食感を楽しめます。

カラスミ:小さめの魚卵でつくるカラスミ

今回1匹だけ卵を持っていました。

↑ほうぼうは春頃から産卵期に入ります。

塩漬けにして、からすみに。

↑魚卵によって味が違います。

小さめの卵なので、2週間くらいで完成するかと。

今から楽しみです!

残りは何にする?魚醤でしょ!

魚醤は、カタクチイワシなどを丸ごと塩漬けにして作ります。

時間は掛かりますが、待つ価値あり!

わが家になくてはならない調味料です。

実は、料理では使わない内臓や骨だけでも出来るんです。

↑魚醤の教科書

まさに捨てるところなし!

タイトルとURLをコピーしました