紅生姜の作り方:梅干しの副産物「赤梅酢」残りの1滴まで活用レシピ

紅生姜タイトル未分類
スポンサーリンク

こんにちは。

都内で発酵ワークショップnanairo!を主宰しています、マキ太です。

はじめての方は、こちらもどうぞ。

nanairo!の紹介

自家製の発酵食品を使った料理は、Twitterでほぼ毎日更新中。

マキ太@発酵生活

 


 

しとしとと雨が降り続く6月下旬、

今年のわが家の梅仕事も、ひと段落しました。

 

6月中旬、主人の実家に行くと、

今にも落下してしまいそうな、完熟直前の黄梅になっていました。

 

6月中旬の梅の木

 

右側の梅は、枝に当たって潰れてしまっています…

 

お義母さんが、「採るのが大変でね…」と。

 

それなら、私たちの出番‼

子ども達も一緒に、収穫のお手伝いをしました。

 

収穫した梅

 

お義母さんが使う分を置いて、残りは持って帰ることに。

 

「使えないのは、捨ててもいいからね。」といわれましたが、

自然の中で農薬不使用で育った貴重な梅、捨てるなんてもったいない‼

 

早速、その日の夜から数日かけて、

色々作ってみました。

 

青梅では、梅シロップを、

黄梅では、梅味噌梅干し梅酒、それと梅塩麹(糀・こうじ)を作りました。

 

わが家の梅仕事

 

梅干し以外は、できあがりを待つだけです。

 

梅干しはこの後、からっとした夏の青空の下で、

梅を3日ほど屋外で干す、「土用干し」という工程があります。

その後、水分が抜けた梅を、

再び梅酢に漬けたら出来上がりです。

 

梅雨の間は、こんな感じ。

 

梅雨の時期の梅干しの様子

 

梅干しは、たっぷりの梅酢に漬けられている状態です。

赤紫蘇(あかじそ)もたっぷり加わり、真っ赤な「赤梅酢」ができています。

 

紅梅酢

「紅梅酢(こうばいず)」ともいいます。

 

ちなみに、梅干しを作る過程でできる梅酢には、

赤梅酢の他に、「白梅酢(はくばいず)」と呼ばれるものもあります。

 

梅を塩漬けにして重石をすると、1週間ほどで上がってくるのが「白梅酢」、

白梅酢に赤紫蘇(あかじそ)を加えてできるのが、色が鮮やかな「赤梅酢」です。

 

白梅酢は、青菜のおひたしや刺身にかけると、

梅の爽やかの香りで、美味しくいただけます。

ポン酢ともまた違った、旨味調味料です。

 

一方の赤梅酢は、そのままかけて使うこともできますが、

お漬物を漬けるのにピッタリなんです。

 

今回は、梅を漬けている赤梅酢を使って、

冷蔵庫に常備しておきたい、「紅生姜(べにしょうが)」を作ります。

 

漬けるだけで簡単‼新生姜で作る「紅しょうが」

牛丼や焼きそばには欠かせない、紅しょうが。

 

市販の紅しょうがは、色も鮮やかできれいなのですが、

どうしても添加物が気になります。

 

赤梅酢に漬けることで、甘味料なども使わずに、

美味しい「無添加・紅しょうが」を作ることができます。

 

材料について

紅しょうがの材料は、生姜と赤梅酢と塩だけです。

 

\紅しょうがの材料/
・新生姜・・・350g
・赤梅酢・・・300g~
・塩・・・10g(新生姜のおよそ3%)
わが家のレシピは、スケール1つで計るので、
すべてグラム(g)表示です。
 

生姜について

生姜の旬は、です。

 

わが家がよく行く、千葉の八百屋さんでも、

10月頃から路地物(ろじもの)の大きな生姜が並びます。

その出始めの時期に収穫されるのが、新生姜です。

 

実は、ちょうど梅酢が上がる梅雨の時期にも、

スーパーなどで、新生姜を見かけることがあります。

 

新生姜

今回購入した、和歌山産の新しょうが

 

これは路地物ではなく、ハウスで栽培されたものです。

 

普通の生姜でも作ることができますが、梅雨(6月頃)と初秋(10月頃)の時期は、

皮のやわらかい新生姜がおすすめです。

 

赤梅酢(紅梅酢)について

梅を塩漬けにして上がってきた梅酢(白梅酢)に、赤じそを加えてできたのが、

今回使用する「赤梅酢」です。

 

わが家では、塩分13%で梅干しを漬けています。

今回は、その赤梅酢を使います。

 

塩について

次に、塩を選びます。

わが家では、素材とのなじみのよい粗塩を使っています。

 

\紅しょうがの材料/
・新生姜・・・350g
・赤梅酢・・・300g~
・塩・・・10g(新生姜のおよそ3%)
わが家のレシピは、スケール1つで計るので、
すべてグラム(g)表示です。
 

レシピ

①生姜を水でよく洗います。

 

根元に土が付着していることがあります。

 

土もしっかり落とします。

 

根元から切り分け、その間もよく洗います。

 

②生姜を薄切りにします。

新生姜を薄く切ります。

新生姜を薄切りにします。

 

新生姜は皮も薄いので、そのまま剥かずに使っています。

 

生姜は、繊維が気になる野菜です。

繊維に沿って包丁を入れると、切りやすいです。

また、子供たちも食べやすいように、

できるだけ薄くスライスします。

 

以前スライサーを使ってみたのですが…

繊維が出てしまって、うまく切ることができませんでした。

 

③生姜にまんべんなく塩を振り、全体に馴染ませます。

袋の中でもみ込みます。

 

食品用のポリ袋に入れてもみ込むと、手がヒリヒリすることもないので、

おすすめです。

 

袋の中の空気を抜いて、口を軽く結び、

そのまま2時間ほど常温で置いておきます。

 

④ザルなどを使い、生姜の水分を切ります。

こし器で水を切ります。

生姜を入れていたポリ袋で軽く押します。

その際、生姜を入れていたポリ袋を使って、

上から軽く押して水分を出します。

※手でぎゅっと搾ってしまうと、生姜が小さく切れてしまいます。

 

⑤保存する容器に生姜を入れ、紅梅酢を注ぎます。

紅梅酢を注ぎます。

 

容器は消毒したものを使用します。

平らな容器より、高さのあるビンのような容器がおすすめです。

 

自家製紅しょうが

 

冷蔵庫で保存します。

 

次の日には、こんなにきれいな色になります。

 

紅生姜を漬けた翌日の様子

 

味見をしてみると…

結構しょっぱい‼

 

見た目はいいのですが、味がマイルドになるのを待ちます。

 


 

漬けてから、3日後。

味に丸みが出て、食べやすくなりました。

 

食べるタイミングで、細切りにします。

 

定番の「牛丼」

 

牛丼と紅生姜

 

「焼きそば」はもちろん、

 

焼きそばと紅生姜

 

サラダのトッピングや、小鉢の薬味にもおすすめです。

 

サラダと紅生姜

モロヘイヤと紅生姜

 

今回初めて作ってみたのが、「紅しょうが入りの卵焼き(厚焼き玉子)」。

 

紅生姜を使ったお子様プレート

刺身好きのお子様プレート

 

青のりも一緒に入れると、お好み焼き風の味わいに。

 

紅生姜入り卵焼き(厚焼き玉子)

タコを入れたら、たこ焼き風になるかも⁉

 

「紅生姜が入った卵焼きが1番好き~‼」と、子供たちに大人気でした。

 

ない時はないで、正直困らなかったのですが…

この紅しょうがを作ってからは、

「あっ、これにも紅しょうがを入れてみようかな。」っと、どんどん料理に使うようになりました。

 

アレンジ次第で、毎日でも食べられる‼

今ではわが家の冷蔵庫に、なくてはならない存在です。

 

保存について

紅しょうがは、冷蔵保存です。

 

手づくりのお漬物は、日持ちがどのくらいするかは分かりませんが、

わが家では1ヶ月ほど食べています。

 

残りの一滴まで使い切る‼「漬け汁」を使った、おすすめレシピ

わが家では、赤梅酢をたっぷり入れて紅しょうがを作っています。

 

それはなぜか⁉

残った漬け汁ですし飯(酢飯)を作ると、これがまた美味しいんです‼

 

「紅梅酢4:砂糖2:塩1」の割合で、混ぜ合わせるだけ。

 

紅生姜で作るすし飯

 

ご飯3合の場合、「赤梅酢40g・砂糖20g・塩10g」で作っています。

 

さらに刻んだ紅しょうがを入れると、さらに風味が増して、

見た目もきれいです。

(紅しょうがを加える時は、塩の量を半分に調整しています。)

 

わが家でよく作るいなり寿司も、このすし飯で作ります。

 

お豆腐屋さんで買ってきた油揚げを、醤油とみりんと砂糖で甘じょっぱく煮て、

 

豆腐屋さんの油揚げ

いなり寿司の皮

 

あとはすし飯を詰めるだけ。

 

紅しょうがの残り汁活用レシピ、お稲荷さん。

 

食欲が落ちてしまいがちな、暑い夏の日にもおすすめです。

お弁当にもいいですよ◎

 

まとめ

紅生姜

自家製紅しょうが

つくる時期
新生姜が採れる季節

かかる時間
20分+途中2時間待つ

保存
冷蔵

食べ頃
3日~

 

1点だけ、気になったのが「生姜の切り方」です。

「繊維に沿うように切る。」が正解なのですが、

おそらくできていなかったところが、こうなりました。

 

繊維が出ている紅しょうが

 

分かりやすく繊維が出ています。

食感が少しだけ悪くなってしまうので、次回は気をつけようと思います。

 

また、「唐揚げの衣」に紅しょうがを入れるアレンジレシピもあるようです。

 

色々作ってみたいと思います。

 

赤梅酢のレシピもまだまだたくさんあります。

随時紹介していく予定です。

 

みょうがの梅酢漬け

みょうがの梅酢漬け

 

「梅干しを作っていないから、紅梅酢がないわ…。」

 

そんな時は、

道の駅や自然食品が揃っているスーパー、ネットショップなど、

購入できる場所は意外と多いです。

 

梅の香りと鮮やかな赤い色のお漬物、是非一度作ってみてください。

 

こだわりの材料を選ぶのは、食べチョクがおすすめ。

✔ 農薬化学肥料不使用 の新生姜もあります。

紅しょうがは皮ごと使うので、栽培方法も気になります。

農家の方から直接送っていただけるのは、何より安心です。

 

わが家の梅仕事

完熟梅で仕込む「梅味噌」

 

 

梅雨の時期におすすめのお漬物

千葉の郷土野菜はぐらうりを使った「はぐらうりの鉄砲漬け」

 

 

京都3大漬物の1つ「生しば漬け」

 

 

youtubeに、『nanairo!チャンネル』ができました!

 

まだまだ動画は少ないですが、

自家製の発酵食品の作り方や、それを使ったレシピを公開していく予定です。

nanairo!チャンネル


 

タイトルとURLをコピーしました