乳酸発酵好きに!ザワークラウト作り方とアレンジ術

乳酸発酵好きに!ザワークラウト作り方とアレンジ術ザワークラウト
スポンサーリンク

ザワークラウトをまとめました。

最新のザワークラウトの記事はこちらです。

以前の記事と、重複する部分もあります。

↓以前の記事はこちら。

こんにちは。

都内で発酵ワークショップnanairo!を主宰しています、マキ太です。

はじめての方は、こちらもどうぞ。

nanairo!の紹介

自家製の発酵食品を使った料理は、Twitterでほぼ毎日更新中。

マキ太@発酵生活

 


 

桜の開花とともに、

冬キャベツから

春キャベツの季節になりました。

↑発酵3日目
春キャベツで作るザワークラウト(にんじん入り)

わが家でも、

週に2回はザワークラウトを作っています。

春キャベツは、

葉が全体的に柔らかく

水分も多いのが特徴です。

その為、キャベツと塩が馴染みやすく、

上手に発酵が進み、

失敗しにくいんです。

作った事がないし、

発酵食品ってハードルが高いなぁ~

と、思っていた方も、

是非一度作ってみてください。

実はザワークラウトが苦手…そんな時に頼れる強い味方!!

ザワークラウトって、

常備していると、

「あぁ~、野菜が足りない・・・」

「肉焼いたけど、野菜どうしよ・・・」

そんなプレッシャーから解放されます。

↑マキ太的にはあるある

でも、もし乳酸発酵特有の

このすっぱさが苦手だったら!?

大人だったら、

”身体にいい”と言われる健康食品は、

大抵のものは食べられます。

↑まさに”良薬口に苦し”の精神

パパもザワークラウトを食べると調子がいいようで、

自ら率先して食べています。

でも、子どもはそうはいきません。

ザワークラウトが大好き!!って子は、

なかなかいません。

しかも毎日食べて欲しいけど、

同じ味だと飽きてしまいます。

そんな時ちょっとひと手間加えるだけで、

一気に食べやすくなるんです!

それは、

さば缶を混ぜる事。

これだけで、

一気に食べやすさUP

それでもダメなら、

焼き海苔のせちゃえ☆大作戦!

これで立派に一品、副菜の出来上がりです。

子どもも一緒に腸内環境を整え、

体調維持を心掛けたいものです。

おまけのはなし:子どものアンテナって、意外なところに。

料理で使ったにんじん、

「葉っぱが出てる~」

どうやら子ども達のアンテナにひっかかったよう。

学校が休校になった頃から、

『にんじんの森』を育てていました。

↑途中から『豆苗の森』も出来ていた・・・

毎日少しずつ成長し、

2週間程で食べられるくらいの大きさに。

↑炊き込みご飯に混ぜていただきました。

日々の生活を丁寧に、

今あるものを大切に、

子ども達から教わった気がします。

タイトルとURLをコピーしました