辛さ控えめ?『かぐら南蛮味噌』の作り方

かぐら南蛮味噌の作り方味噌
スポンサーリンク

こんにちは。

都内で発酵ワークショップnanairo!を主宰しています、マキ太です。

はじめての方は、こちらもどうぞ。

nanairo!の紹介

自家製の発酵食品を使った料理は、Twitterでほぼ毎日更新中。

マキ太@発酵生活

 


 

 

新潟の伝統野菜、かぐら南蛮

 

新潟の伝統野菜『かぐら南蛮』

 

形はピーマンに似ていますが、しっかりと辛みのある青唐辛子です。

 

最近わが家でひそかなブームになっている、かぐら南蛮。

道の駅などで見つけると、ついカゴに入れてしまいます。笑

(今回も、千葉の道の駅でゲットしました!)

 

その理由は、2つあります。

 

まず1つ目は、

ピーマンと見間違えてしまうほどの、肉厚な実

 

一般的な青唐辛子より、大きさも厚みもあり、

食べ応えがあります。

 

そして2つ目は、

ピーマンのような形なので、種が取りやすい

 

かぐら南蛮は、実がしっかりしているので、

扱いやすく、種を取るのも楽なんです。

 

今では、わが家の食卓には欠かせない野菜になりました。

 

毎日でも食べたくなる三升漬けも、かぐら南蛮で作りました。

 

かぐら南蛮の三升漬け

かぐら南蛮の三升漬け

 

 

今日は、その魅力あふれるかぐら南蛮で、

白いごはんがすすむ、かぐら南蛮味噌を作ります。

 

新潟の伝統野菜で作る『かぐら南蛮味噌』

材料について

かぐら南蛮以外の材料は、家にある調味料で作ることができます。

 

\今回のかぐら南蛮味噌の材料/
・かぐら南蛮 ・・・100g
・酒     ・・・50g
・みりん   ・・・100g
・味噌    ・・・150g
わが家のレシピは、スケール一つで計るので、すべてグラム(g)表示です。

 

味噌は、ワークショップで作った米味噌を使っています。

 

みりんは、わが家でここ数年愛用している白みりん

砂糖を使わなくても、驚くほど甘みがでます。

ここぞ!という時は、かならず使います。

 

白みりん

こちらから購入できます。

 

 

レシピ

①かぐら南蛮をよく洗い、中の種を取りのぞきます。

 

新潟の伝統野菜『かぐら南蛮』

 

ピーマンのような形はしていますが、ここはしっかり青唐辛子。

※必ず手袋をつけて調理します。

 

かぐら南蛮は種と、そのまわりの白い部分が特に辛いです。
ピーマンのように種とそのまわりを取ることで、辛さをおさえることができます。

 

②かぐら南蛮とみりん、酒の半量をミキサーに入れ、細かくします。

 

かぐら南蛮をミキサーで細かくします。

 

フラッシュ機能を使って、数回に分けて細かくします。

 

③鍋に入れ、ごく弱火で煮ます。

※水分がほとんどないので、木べらで混ぜながらでないと、

すぐに焦げてしまいます。

 

④水分がほぼなくなったら、残りの酒50gと味噌を入れます。

 

しばらく弱火で様子をみます。

味噌が馴染んできたらできあがりです。

 

白いご飯はもちろん、

生野菜につけて食べても美味しいですよ!

 

かぐら南蛮味噌とキュウリ

 

youtubeに、『nanairo! チャンネル』できました!

自家製発酵調味料を公開していく予定です。

 

ちなみに、かぐら南蛮味噌が、

記念すべき初動画です。

 

 

まとめ

かぐら南蛮味噌とキュウリ

かぐら南蛮味噌

仕込み時期
夏~秋

難易度
難しい ☆☆☆★☆ やさしい
(比較的やさしい)

調理時間
30分

保存
冷蔵庫で数週間

タイトルとURLをコピーしました