糖質・酢なし!アレルギー対応無添加ゆずポン酢の作り方/自家製調味料

そら豆ゆずポン酢の作り方ポン酢
スポンサーリンク

こんにちは。

都内で発酵ワークショップnanairo!を主宰しています、マキ太です。

はじめての方は、こちらもどうぞ。

nanairo!の紹介

自家製の発酵食品を使った料理は、Twitterでほぼ毎日更新中。

マキ太@発酵生活

 


 

11月中旬、

そろそろ鍋が美味しい季節がやってきます。

鱈の白子鍋

 

鱈(タラ)白子鍋、美味しいですよねー (;”∀”)

白菜や葱(ネギ)がたっぷり入った鍋料理を食べると、身体もポカポカ温まります。

 

そんな鍋料理に欠かせない調味料といえば、ポン酢です。

自家製ポン酢

グリーンレモンポン酢

 

わが家では、色々な柑橘類を使ってポン酢を作っています。

今がチャンス!なグリーンレモン (=゚ω゚)ノ

 

ゆずやみかんなど、冬に旬を迎える柑橘類もありますが、

種類を変えたり、摘果されたものを選択肢に加えるだけで、

1年を通してフレッシュな果汁が手に入ります。

 

もう1つの主材料は、醤油です。

 

ただこの醤油、

「大豆アレルギー」「小麦アレルギー」の場合、食べられないこともあるとのこと。

 

野菜もたっぷり摂れる鍋、家族みんなで楽しめるように、

アレルギー対応の醤油を使って、ポン酢を作ってみることにしました。

 

アレルギー用の醤油には、米やえんどう豆、粟(あわ)などで作られているものなど、

調べてみると、実は結構種類がありました。

その中で、今回はそら豆醤油を使います。

そら豆味噌とそら豆醤油

高橋商店の「そら豆醤油」と「そら豆で作ったみそ」

 

実は…

「そら豆醤油で作ったポン酢」というもの売っているのですが、

極小冷蔵庫(265L)を使っているわが家では、調味料もミニマル化が必須です!

ー食べたい時に作ればいいよね!

と、普段は醤油として、

ポン酢は使いたい時に作ることにしています。

 

ちなみに、5人家族には570L~がおすすめのサイズのようです。

 

このそら豆醤油は、そら豆と塩だけで作られています。

アルコールの添加もありません。

 

今日は、いつも作っているポン酢と一緒に作ってみようと思います。

 

アレルギー対応「そら豆ゆずポン酢」とわが家の定番のポン酢の作り方

材料について

ポン酢の材料は、柑橘類の果汁と醤油と鰹節(かつおぶし)と昆布です。

砂糖などの甘味料や、酢は使いません。

 

ゆずについて

10月は青ゆずが、徐々に黄色に色付き、

12月頃には完熟になります。

12月の花ゆず

 

今回は花ゆずという、手のひらサイズの小さめのゆずを使います。

種のあるの品種です。

花ゆず

 

醤油について

ポン酢には、濃口醤油がおすすめです。

 

今回は、井上醤油店の「古式じょうゆ」を使います。

井上古式じょうゆ

 

また、アレルギー対応のポン酢には

「そら豆醤油」を使います。

 

\今回のゆずポン酢の材料/
・ゆずの果汁・・・適量
・醤油・・・ ゆずの果汁と同量
・かつお節・・・2、3枚
・根昆布・・・1、2枚
わが家のレシピは、スケール1つで計るので、すべてグラム(g)表示です。

 

レシピ

①ゆずの皮を水でよく洗います。

ゆずを水で洗います。

 

②ゆずの皮を剥き、切って種を取り除きます。

 

大量のゆず、

ーうぉぉ…沁みる (/ω\)

手がヒリヒリしてきたので、途中からお昼休憩中のパパに依頼。

ゆずの皮を剥きます。

 

出た!

大量の皮。

大量のゆず皮

 

こちらは、七味用に干し網に並べて乾燥させます。

 

次に、ゆずを切ります。

 

切る時にも、ポイントが!

 

ゆずのまわりに、ぐるっと1周切れ目を入れ、

ゆずの種をそのまま取り出す方法

 

ギュッとねじりながら分けると…

種をそのまま取る方法

 

ほら!

種を丸ごと取り出すことができます。

 

③ゆずの果汁を搾ります。

スープ漉し器

 

目の細かいザルを使ってもいいですし、

レモン絞り器

 

レモン絞り器を使ってもいいです。

 

今回は、果肉でゆず塩を作るため、

「果汁」「果肉」「種」に分けています。

ゆずの果肉と種

 

④消毒したビンに、ゆずの果汁と同量の醤油を注ぎ入れ、かつお節と昆布を加えます。

 

ゆずの果汁に、

ゆずの果汁

 

醤油を入れ、

さらに、かつお節と昆布を加えます。

厚削りの鰹節と根昆布

 

軽くビンを振って…

2種類のポン酢

 

\できあがりです/

 

すぐに食べることもできますが、

1週間ほど経つと、風味がよくなります。

 

もっと早く食べたい時短の小ワザや、保存方法はこちらで紹介しています。

 

 

まとめ

アレルギー対応醤油そら豆ゆずポン酢と定番のポン酢

おすすめの時期
12~2月

つくる時間
30分

保存
冷蔵

 

待てない子供たち、

夜、おかひじきに付けて味比べをすることに。

ポン酢の味比べ

 

ーわたしこっちが好き!

ーオレはそっち。

と、楽しんでいました。

 

香りや味には結構違いがありますが、

それぞれに個性があり、面白いです。

 

アレルギーがあってもなくても、

家族みんなで楽しめるポン酢です。

 

次回は、夏ミカンで作ってみようかな♪

柑橘類

 


 

ゆずの皮を見て、

ーこれ、三升漬けに入れたらどうだろう?

と、パパ。

 

早速イカを出してきて、醤油麹に漬けて、

イカ

 

ゆずの皮を加えたら…

イカ三升漬けとゆず皮

 

これが、めちゃくちゃ美味しくて!!

 

なんで今まで入れなかったんだろう (^▽^;)

 

ご飯にもお酒にも合う一品です。

 

イカは冷凍してから作ると、寄生虫の心配もなくなります。

 


 

そら豆味噌を実際に使ってみた時のレビュー記事です。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました