【酒粕】料理や甘酒だけじゃない!?乳製品アレルギーでも食べられる『酒粕クッキー』の作り方。東京の料理教室nanairo!のレシピ

おやつ
スポンサーリンク

こんにちは。

都内で発酵ワークショップnanairo!を主宰しています、マキ太です。

はじめての方は、こちらもどうぞ。

nanairo!の紹介

自家製の発酵食品を使った料理は、Twitterでほぼ毎日更新中。

マキ太@発酵生活

 


 

わが家の冷蔵庫にいつも常備されている酒粕

↑純米大吟醸酒粕など、こだわりの酒粕も。

最近は、スーパーなどの冷蔵コーナーでも見かけるようになりました。

年間を通して比較的手に入りやすい酒粕ですが、

実は酒粕にもの時期があるんです。

酒粕とは、日本酒を造る過程でできる、日本酒を搾った時にできる搾りかすの事。

新酒が出回る12月頃から、出来たての酒粕を入手する事ができます。

↑マキ太がいつも購入している新潟の地酒の酒粕も、いつも12月中旬から購入可能です。

わが家で作っている酒粕レシピ

わが家にどうして酒粕が常備されているのか?

酒粕と言えば、甘酒の材料として知られていますが、

わが家で作っているのは、米麹を使った甘酒。

↑ヨーグルトメーカー(ヨーグルティア)で作ります。

酒粕は、主に料理に使います。

酒粕汁

ニシン酒粕漬け

↑そして、酒粕を使った珍味と言えばコレ!

それと、一番活躍しているのが、味噌作り

年に数回(11月~4月頃)に分けて仕込むわが家の味噌は、酒粕が必須なのです。

↑塩で蓋をする代わりに、酒粕で蓋をしています。

そんなわが家で大活躍の酒粕で、

今回は『酒粕クッキー』を作ります。

酒粕っぽさを極力抑えたクッキーです。

↑酒粕初心者でも大丈夫!

甘さ控えめのミルクティー風味の酒粕クッキー

材料

小さめのクッキー10個分

・薄力粉       ・・・100g
・豆乳        ・・・40g
・酒粕        ・・・15g
・卵         ・・・1個
・砂糖        ・・・15g
・アールグレイの茶葉 ・・・2g

レシピ

1.豆乳に細かくしたアールグレイの茶葉を入れ、40℃くらいに温める。
2.温まった豆乳に酒粕を入れ、よく溶かす。
3.2に溶いた卵を入れ、よく混ぜる。
4.薄力粉をふるいにかける。
5.薄力粉と砂糖を混ぜる。
6.3の材料を入れ、サクッと混ぜる。
7.オーブンを170度に温めておく。(予熱)
8.天板にオーブンペーパーを敷き、生地をスプーンですくってのせる。
9.オーブンで15分焼く。

酒粕クッキーを作る時に一番大切な事。

それは、酒粕を溶かす事。

酒粕を溶かす方法は、ズバリ『ぬるま湯で溶く』です。

今回は、ぬるま湯ではなく、ぬるい豆乳で溶きます。

↑鍋で温めてもいいですが、電子レンジで20秒ずつ様子を見ながら温めてもok!the酒粕ミルクティー

↑富澤商店の『アールグレイ/80g』
入れるだけで簡単に紅茶風味になります。

固まりがなくなるように、酒粕を溶かします。

溶いた卵を、よく混ぜます。

ふるいにかけた薄力粉に砂糖を入れ、

軽く混ぜます。

溶かした酒粕を入れ、さっくりと混ぜます。

ゆるい生地が出来上がります。

オーブンを170度に温めます。(予熱)

クッキングシートを敷いた天板に、生地をスプーンですくってのせます。

170度のオーブンで15分焼きます。

材料に関する考察

酒粕について

酒粕の量は、お好みで調整して下さい。(15~30g)

↑酒粕初心者の方には15g、酒粕好きには30gがおすすめです。

卵について

卵を入れるとふんわり仕上がります。

↑サクサクというより、ややしっとり。

卵アレルギーがある場合は、卵なしで作る事も可能です。

その場合、オリーブオイルを35g入れると生地がなめらかになります。

オイルの場合、少し固めの生地になりますので、

ラップで成型し、1時間程冷蔵庫で生地を寝かし、

その後包丁で切ると、きれいな形になります。

砂糖について

今回は、甘さ控えめで作りました。

甘めがお好きな場合は、砂糖の量を30gまで増やす事ができます。

工程に関する考察

酒粕は、よく溶かさないと固まりが残ります。

しっかりと溶かして下さい。

また、アールグレイの茶葉も食感が悪くならないように、出来るだけ細かくします。

↑富澤商店の『紅茶パウダー/40g』
紅茶パウダーを使ってもok。

留意点

酒粕は、およそ8%のアルコールを含んでいます。

加熱は十分に行いましょう。

温活にも!生姜が効いた酒粕クッキー

材料

アールグレイのクッキーからの変更点

薄力粉100g
 ↓
薄力粉80g+アーモンドパウダー20g


卵1個
 ↓
オリーブオイル35g


砂糖(てんさい糖)10g
 ↓
黒糖しょうがぱうだー30g

酒粕はお好みで、15~30g加えます。

レシピ

身体が温まりそうな生姜入りの黒糖。

↑お土産で頂きました。

↑富澤商店の『皮無アーモンドパウダー/100g』
わが家の定番、香ばしさをプラスするアーモンドパウダー。

酒粕30g用意します。

分量外のぬるま湯(酒粕の半分くらいの量)を入れて、溶かします。

湯せんでは固まりが残ってしまい、断念。

薄力粉を80g、

アーモンドパウダーを20g用意します。

ふるいにかけます。

だまがなくなりました。

黒糖しょうがぱうだーとオリーブオイルを入れます。

卵を入れて時とは違い、少しポロポロする生地になります。

ラップで成型します。

形をしっかり整えます。

1時間後

包丁で同じ厚さに切っていきます。

↑野田琺瑯のホワイトシリーズ『レクタングル浅型S』

このままオーブンで焼けますが、ちょっと窮屈なので、

天板にのせてから焼きます。

170度で予熱をし、その後15分焼きます。

少し固めですが、食べ応えのあるクッキーの出来上がりです。

↑卵入りのようなふわふわ感はありません。

酒粕を30g入れているので、結構主張はしますが、

生姜の風味が勝ちます!

ちなみに、この緑色のクッキーは抹茶風味。

パパから「ちょっと苦いなぁ~」と言われた為、現在材料調整中です。

↑また後ほど~

↑お菓子作りの材料は何でも揃います。
 冬季のみ酒粕も購入できます。

まとめ

酒粕は、色々なものとの相性がいいんです。

↑実は楽しい食材です。

料理に使う時もそうですが、

お菓子作りでも色々なものと組み合わせてみて、

お気に入りを見つけるのもいいですね。

タイトルとURLをコピーしました