【冬の保存食】ゆず大根の作り方:簡単で日持ちがする甘酢漬けのレシピ

ゆず大根の作り方漬物
スポンサーリンク

こんにちは。

都内で発酵ワークショップnanairo!を主宰しています、マキ太です。

はじめての方は、こちらもどうぞ。

nanairo!の紹介

自家製の発酵食品を使った料理は、Twitterでほぼ毎日更新中。

マキ太@発酵生活

 


 

12月、

ゆずの実が、黄色に色付いてきました。

 

ゆずの木

パパの実家の花ゆずの木(12月)

 

旬のゆずは、果汁もたっぷりです。

 

その果汁を使って、

子ども達も大好きな、ゆず大根を作ります。

 

ぬか漬けや三五八さごはち漬け、

最近は、すんき漬けがブームなわが家ですが、

時々無性に食べたくなるのが、酢漬けのお漬物です。

 

今回のゆず大根は、

その酢漬けのお漬物の、応用レシピです。

 

ゆず大根の作り方

 

材料について

酢漬けのお漬物の材料は、野菜と酢と砂糖と塩のみです。

 

ゆず大根は、そこにゆずを追加します。

 

酢について

酢漬けに使うお酢は、酸味がマイルドな、

米酢を使います。

 

また、米酢の他にも、

果物だけを発酵させてつくる、フルーツビネガーを使うと、

子ども達が食べやすい味になります。

 

砂糖について

わが家では、ミネラルが豊富に含まれている、

てんさい糖を使っています。

 

塩について

次に、塩を選びます。

わが家では、素材とのなじみのよい粗塩を使っています。

 

\今回のゆず大根の材料/
・大根 ・・・およそ1kg(2/3本)
・塩・・・20g(大根の重量の2%)
・ゆずの果汁 ・・・60g(花ゆず5個)
・酢・・・140g
・砂糖・・・60g(酢とゆず果汁合わせた200gの30%)
・唐辛子 ・・・1本
 
わが家のレシピは、スケール1つで計るので、すべてグラム(g)表示です。

 

レシピ

①大根を、食べやすい大きさに切ります。

 

冬が旬の大根

大根を食べやすい大きさに切ります。

 

②大きめのボウルに、大根と塩を入れ、よくもみます。

 

2%の塩を加えます。

塩もみします。

 

 

③塩もみした大根を、容器に入れます。

 

大根を容器に入れます。

大根から出た水分も入れます。

 

※かぶから出た水分も、すべて入れます。

 

④ゆずの果汁を絞り、容器に注ぎます。

 

ゆず5個

果汁62g

 

⑤次に、大根が浸かるくらいの、酢を注ぎます。

 

酢140gを加えて、トータル200gになりました。

 

あふれてしまいますので、容器の9割程度にします。

 

ゆずの果汁60gと酢140gで、トータル200gでした。

 

⑥ゆずの果汁と酢を、合わせたの量の30%の砂糖を加えます。

 

砂糖60g

砂糖を加えます。

 

⑦ゆず1個分の皮と、唐辛子を加えます。

 

ゆずの皮

輪切りの唐辛子を入れます。

ゆずの皮は、千切りにします。

唐辛子(鷹の爪)は、種を取りのぞき、

キッチンバサミを使って、輪切りにします。

※ヒリヒリしてしまうことがあるので、必ず手袋を使います。

 

ゆず大根

 

2~3日、味を馴染ませて、できあがりです。

 

比較的すぐになくなる場合は、冷暗所でもいいですが、

長く楽しみたい場合は、

冷蔵庫での保存をおすすめします。

 

容器について

ガラスの容器で作ると、見た目もかわいいです。

 

少量漬ける場合は、

ジップロック漬けが便利です。

 

赤かぶ漬け

※写真は、赤かぶ漬けです。

 

まとめ

ゆず大根

ゆず大根

仕込んだ時期

難易度
やさしい ★☆☆☆☆ 難しい
簡単!失敗なし!

食べ始め
数日後~

保存
冷暗所・冷蔵

 

酢漬けのお漬物は、和食にも洋食にも合うので、

時間がない時の、”あと1品”!”にピッタリです。

 

こだわりの材料をそろえるなら、食べチョクがおすすめ。

農家の方から直送される果物は、なにより新鮮です。

色々な野菜を少しずつ楽しめる、お試しセットがあるのも嬉しいポイントです。

 


この度、

youtubeに、『nanairo!チャンネル』ができました!

 

まだまだはじめたばかりですが、

自家製の発酵食品の作り方や、それを使ったレシピを公開していく予定です。

その他、DIYや子育て情報を発信していきます。

nanairo!チャンネル


 

タイトルとURLをコピーしました