笹団子を作りたい!クマザサの下処理と自家製ドライフルーツ/発酵レシピ

おやつ
スポンサーリンク

こんにちは。

都内で発酵ワークショップnanairo!を主宰しています、マキ太です。

はじめての方は、こちらもどうぞ。

nanairo!の紹介

自家製の発酵食品を使った料理は、Twitterでほぼ毎日更新中。

マキ太@発酵生活

 


 

もうすぐ12月、

今日は子供たちを学校へ送り出した後、

翌日の「味噌作りワークショップ」の準備をすることに。

 

豆を量って、水でよく洗い、

豆を洗う

 

たっぷりの水に浸けておきます。

水に浸けた大豆

 

\ど~ん!/

これでトータル20㎏分です。

 

さて!

乳製品アレルギーっ子(長女)がいるわが家、

おやつも、「生クリームたっぷりのケーキ」や「香ばしいバターが入った焼き菓子」は、

ほとんど食べません。

 

その代わり、ドライフルーツやナッツなどをよく食べます。

 

そして、たまに和菓子も。

 

中でも、人気があるのが「笹団子」です。

笹団子は、山形・新潟の伝統的な郷土菓子です。

 

山形に住んでいた頃は、和菓子屋さんで買ってよく食べていました。

よもぎ餅の中にあんこが入った、日本茶とよく合う

素朴な味わいのおやつです。

 

昔ながらの笹団子は、東京ではなかなか手に入りません。

 

ー久し振りに笹団子が食べたい!

 

早速作ってみることにしたのですが…

これが結構大変でした。

 

笹団子が食べたい!まずは笹を購入しました。

笹団子の必須アイテムは、何といっても「笹」。

 

少し前になりますが…

国産のクマザサをお願いして、送ってもらうことに。

 

数日後、

前日に採取されたばかりの笹が届きました!

熊笹

 

クマザサは、6~8月の時期に収穫されるものが、柔らかくて使いやすいようです。

 

生息している場所によっては、少し硬くなってしまいますが、

初秋でも収穫することが可能なようです。

 

ただ、縁の部分が茶色に変色している場合もありますので、

その部分を切り取る必要があります。

 

冷凍することで、1年ほど保存することができます。

 

末っ子と一緒に笹の下処理をしました。

 

まずは、笹を水で洗います。

笹を水でよく洗います。

 

そしてさっと茹でます。

笹をさっと茹でます。

 

10~20秒くらいで、全体をサッとお湯に浸けるイメージです。

笹を茹でます。

 

青菜と同じように、冷水にとります。

冷水にとります。

 

冷水にさらすことで、色合いがよりきれいになります。

 

キッチンペーパーで丁寧に水気を取ります。

水気を取ります。

 

和食で料理の下に敷いて使われる場合は、その後「洗浄」するようですが、

笹団子やちまきにする場合は、煮沸のみで冷凍することが多いようです。

 

笹は手を切りやすいので、置いて拭くのがおすすめです。

キッチンペーパーで水気と取ります。

 

拭き終わったら、10枚ぐらいずつまとめてラップで包みます。

ラップで包みます。

 

空気を抜きながら、ピチっとラップをします。

空気を抜きながらラップで包みます。

 

チャックの付いた、密封できる袋のまとめて入れて、

冷凍庫で保存します。

まとめて密封できる袋に入れます。

 

これで笹の準備はOK!

 

次回は、米麹を使った「発酵あんこ」を作ります (=゚ω゚)ノ

 


 

今日のおやつは、先日作った「干し芋」と「干し柿」。

 

2週間が経ち、芋は…

干し芋

 

こうなります。

ダッチオーブンで表面を炙ります。

 

フライパンでサッと炙って食べると、美味しいです (;”∀”)

 

そして、干し柿は…

干し柿

 

丸で干したものはまだできていないので、

2週間経った干し柿

 

薄くスライスしたものを。

スライスした渋柿

 

2週間経つと…

スライスした干し柿

 

じゃーん!

完全なドライフルーツになりました。

渋も抜けて、ものすごい甘味が ( *´艸`)

 

丸で干すのが心配な方は、薄く切って作った「干し柿」もおすすめです♪

 

 


 

youtubeに、『nanairo!チャンネル』ができました!

 

まだまだ動画は少ないですが、

自家製の発酵食品の作り方や、それを使ったレシピを公開していく予定です。

nanairo!チャンネル


 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました