本格派‼ノンオイル・バジルペーストの作り方:生バジルを使ったレシピ

ソース・ペースト
スポンサーリンク

こんにちは。

都内で発酵ワークショップnanairo!を主宰しています、マキ太です。

はじめての方は、こちらもどうぞ。

nanairo!の紹介

自家製の発酵食品を使った料理は、Twitterでほぼ毎日更新中。

マキ太@発酵生活

 


 

6月中旬、

千葉の道の駅で、フレッシュなバジルを購入しました。

 

バジル

 

生バジルの旬は、6月中旬~9月頃、

香りの強いハーブで、イタリアンやフレンチには欠かせない存在です。

 

そのバジルで、先日「バジルペースト」を作りました。

 

 

ハーブは、そのままサラダにして食べるのもいいですが、

ペースト(ソース)にすると、食材ともよく馴染み、

食べやすさが格段にアップします。

 

パスタやジャガイモとの相性抜群の、定番のバジルソースです。

 

ただ気になるのが、オリーブオイルの量…

 

今回は、「ノンオイル・バジルペースト」を作ります。

 

パンとの相性抜群‼ノンオイル・バジルぺーストの作り方

材料について

ノンオイル・バジルペーストの材料は、バジルと豆乳とにんにくと魚醤と黒コショウです。

 

\ノンオイル・バジルペーストの材料/
・にんにく・・・70g
・バジル・・・50g
・豆乳・・・ 120g
・魚醤・・・24g(材料の10%)
・黒コショウ・・・ひとつまみ
【できあがりの量:およそ250g】
わが家のレシピは、スケール1つで計るので、
すべてグラム(g)表示です。

 

にんにくについて

6月といえば、ちょうど新にんにくが出回っている時期です。

スーパーなどで購入するにんにくは、収穫後に乾燥保存されたもので、

フレッシュな香りを楽しめるのは、旬の時期だけ。

 

生にんにく

 

今回は、千葉産の新にんにくを使います。

 

バジルについて

バジルは、のフレッシュなものを使います。

 

バジルの旬は、6月中旬~9月頃と、

夏の間比較的長く楽しむことができます。

 

塩について

次に、塩を選びます。

わが家では、素材とのなじみのよい粗塩を使っています。

 

豆乳について

豆乳は、成分無調整豆乳を使います。

 

無調整豆乳

 

原材料が、大豆のみの、

砂糖などが入っていない豆乳です。

 

魚醤について

魚の旨味がたっぷりの魚醤

 

わが家では、色々な魚を使って、

魚醤を作っています。

 

わが家の魚醤たち

 

今回は、魴鮄(ホウボウ)の魚醤を使います。

大きいホウボウは、身は刺身や昆布締めでいただき、

残りの食べない頭や骨や内臓を使って作っています。

 

ヒラメの昆布締め

ヒラメの昆布締め

 

参考までに、同じ白身魚「メイタガレイ」の魚醤の作り方です。

白身魚は上品な香りで、魚醤(ナンプラー)特有のにおいが苦手な方にもおすすめです。

 

 

もし近くで新鮮なバジルやにんにくを購入できない時は…

 

食べチョクがおすすめ。

✔ 農薬化学肥料不使用 の野菜もたくさん。

採ってすぐのフレッシュな野菜を、農家の方から直接送っていただけるのは、

何より安心です。

→食べチョクのホームページはこちら

 

\ノンオイル・バジルペーストの材料/
・にんにく(皮付き)・・・72g
・バジル・・・50g
・豆乳・・・ 120g
・魚醤・・・24g(材料の10%)
・黒コショウ・・・ひとつまみ
【できあがりの量:およそ250g】
わが家のレシピは、スケール1つで計るので、
すべてグラム(g)表示です。

 

レシピ

今回の、ノンオイル・バジルペーストは、

わが家でバターの代用に使っている「ノンオイル・ガーリックスプレッド」の応用レシピです。

乳製品制限中のアレルギーっ子がおりまして。

 

 

サンドウィッチが一瞬でお店の味になる⁉

ちょっと大人向けで味わいで、健康志向の方にもおすすめの、

ノンオイル・にんにくのスプレッドです。

 

自家製魚醤で、お店の味のサンドイッチ。

 

今回は、そのスプレッドに旬のバジルをプラスして、

夏バージョンのスプレッドを作ります。

 


 

①にんにくの皮をむき、半分に切ります。

 

皮付きで72g、皮をむいたら66gになりました。

全体の重量の、およそ92%です。

 

⓶小さい鍋に、にんにくと豆乳を入れ、20分ほど弱火でコトコト煮ます。

にんにくと豆乳を煮ます。

 

スプーンで潰せるくらいまで、柔らかく煮ます。

 

③魚醤と黒コショウを入れて、さっと火を通します。

 

冷ましている間に、バジルの用意をします。

 

④バジルをよく洗います。

バジルを洗います。

 

農薬を使っていないバジルは、虫も大好きです。

 

虫も大好きなバジル

葉の裏も確認します。

 

葉の裏まで確認して、流水できれいに流します。

 

キッチンペーパーで軽く拭きます。

 

キッチンペーパーで水分を取りのぞきます。

 

水分を拭き取らないと、仕上がりが水っぽくなります。

 

⑤粗熱が取れたら、バジルを加えて、ミキサー(フードプロセッサー)でペースト状にします。

すべての材料をミキサーにかけます。

ノンオイルバジルペースト

 

「フラッシュ機能」を使い、食材が熱をもたないようにします。

 

フラッシュ機能は、ボタンを押している間だけ刃が回転するので、

水分がすくないペーストを作る時にも便利です。

 

冷蔵庫に入れて、冷やします。

 

ノンオイルバジルペースト

 

完成です。

 

保存について

バジルペーストは、冷蔵庫で保存します。

 

日持ちがどのくらいするかは、はっきりとは言えませんが、

わが家では1週間くらい食べています。

 

ただ作った翌日には、表面の色だけが変わります。

 

空気に触れているところが、色が悪いです。

 

黒くなったところも、気にせず使っていますが、

✔ 変色が気になる

✔ 1週間以上保存したい

そんな時は、「小分けにして冷凍保存」がおすすめです。

 

小分けにして冷凍保存がおすすめです。

 

材料を替える

いつもは、オリーブオイルをたっぷり使っているので、

ちょっと物足りなく感じるのかな…と思いましたが、

そんなことはありませんでした‼

 

魚醤のコクと、黒コショウのピリっとした感じで、

食べやすさがアップしています。

 

わが家では、最近えごま油やアマニ油を使う機会が増えています。

加熱調理には向いていないのですが、ペーストに少しオイルを足したい時には、

食べる直前に混ぜるのがおすすめです。

 

パスタなど温かいものに和えるのであれば、やはりオリーブオイルで作る、

定番のバジルペーストがよさそうです。

 

まとめ

ノンオイルバジルペースト

ノンオイル・バジルペースト

つくる時期
6月~9月

難易度
難しい ☆☆☆★☆ やさしい

かかる時間
40分

保存
冷蔵

 

バジルペーストは、何といっても香りがいい

食欲が落ちてしまいがちな、暑い夏の時期にもおすすめです。

和えるだけで簡単に味が整うので、時間がない時にも大活躍です。

 

しっかりと塩分が入っているので、青臭いということありません。

しかも、魚醤の旨味がたっぷり‼

 

今回のバジルペーストには、市販のものによく入っている、

チーズなどの乳製品が入っていません。

 

それでも、しっとりしているので、バターの代用にもおすすめです。

 

よく「ジェノベーゼソース」として売っているものには、チーズと松の実が入っています。

アレルギーがあって、市販のバジルペーストが食べられない方にもおすすめです。

 

ノンオイル・バジルペーストを使った、おすすめレシピ

ノンオイル・バジルペーストは、そのままどんな料理にも活用できる、

万能調味料です。

 

トーストに付けて食べてもよし‼

 

パンに合うスプレッド

 

レンジでチンしたかぼちゃに、マヨと一緒に混ぜてもよし‼

(チーズはお好みで。)

 

 

かぼちゃのバジルサラダ

かぼちゃのバジルサラダ、チーズのせ。

脂多めのサーモンハラスに添えてもよし‼

 

サーモンハラスに添えて

 

ちょっと味を変えたい時にも、おすすめです。

 

今回使った、おすすめのキッチン用品

weckのキャニスター

weckのキャニスター

サイズも豊富で、使い勝手も◎

浅いタイプは、スプレッドなどの、
付けて食べるものにおすすめです。

子ども達にも蓋が開けやすく、食卓にそのまま出しています。

→こちらから購入できます。

 

こだわりの材料を選ぶのは、食べチョクがおすすめ。

✔ 農薬化学肥料不使用 のバジルやにんにくもあります。

収穫してすぐの食材を、農家の方から直接送っていただけるのは、

何より安心です。

 

youtubeに、『nanairo!チャンネル』ができました!

 

まだまだ動画は少ないですが、

自家製の発酵食品の作り方や、それを使ったレシピを公開していく予定です。

nanairo!チャンネル


 

タイトルとURLをコピーしました