茎まで食べる!八ツ頭(ヤツガシラ)の収穫体験/秋の保存食レシピ

八ツ頭の芋がら野菜
スポンサーリンク

こんにちは。

都内で発酵ワークショップnanairo!を主宰しています、マキ太です。

はじめての方は、こちらもどうぞ。

nanairo!の紹介

自家製の発酵食品を使った料理は、Twitterでほぼ毎日更新中。

マキ太@発酵生活

 


 

11月下旬の休日、

ーおじいちゃん家に行こうよ!

と子供たちに誘われ、パパの実家に行くことに。

 

自宅から車で1時間ほどのところにある、

田んぼに囲まれた、自然あふれるところです。

 

実は2週間前にお邪魔したばかり、

ーまた来たの?

って思われているんだろうなぁ (。-∀-)フフ

 

前回の訪問の様子はこちら。

 

着いて早々、走り回る子供たち。

 

パパは冬タイヤの用意をし、

私は畑へ直行 (=゚ω゚)ノ

 

張り切って収穫のお手伝いをします!

 

キャベツや、

キャベツ

 

ブロッコリー、

ブロッコリー

 

春菊、

春菊

 

白菜に、

白菜

 

カブ、

カブ

 

どれも2週間前よりずっと大きくなっていました。

 

ーカブ、醤油をサッとかけて食べると旨いから。

おじいちゃんからカブをもらって、

早速切って食べてみると…

 

いやいや!

\何も付けなくても美味しいよ!/

 

畑の野菜は、すべて無農薬で育てられています。

 

ー近くのキャベツ農家のおばあちゃんは、10日に1回農薬を散布しないと穴だらけになるって言ってたよ。

と聞き、

農家育ちではない私は、ただただビックリ (;゚Д゚)

基準は分からないけど、そんなに使うんだ…

 

おじいちゃんの畑では、蝶(チョウ)が飛ぶ時期は、

ネットを張って、葉に卵を産み付けられないようにしているんだとか。

 

この環境で育ったパパが、羨ましい!

 

子供たちは、

\うんとこしょ!どっこいしょ!/

と言いながら、大根を抜いたり、

大根

 

\のどが渇いた~/

みかん

 

と、みかんやきんかんを食べたり、

 

\このイチジク食べられるかな…/

イチジク

 

と、ちょっと高いところのイチジクを眺めていたり…

 

自由に過ごしていました。

 

そして、

ー八ツ頭掘りに行くか?

と。

 

ちょっと離れた畑へ。

その「ちょっと」が意外と遠いのよ…

 

おじいちゃんは軽トラで、

子供と私は軽くマラソンでした。

八ツ頭

 

八ツ頭は、里芋の一種、

頭が八つくっついているように見えるため、そう名付けられたそうです。

お正月のおせち料理にも使われ、縁起の良い食材として知られています。

 

おじいちゃんに教わりながら、早速掘る子供たち。

大きい親芋の周りにも、「八つ子」と呼ばれる小さな芋もあります。

八つ子

 

傷を付けないようにしながらい、大きい八ツ頭を沢山採っていました。

 

そして、隣には大量の茎、

八ツ頭の茎

 

これは!

芋がらですよね (;”∀”)

 

調べてみるよ、品種は違うようですが、

小さい頃によく食べていた芋がらができるよう。

 

乾燥させると、保存食になります。

山形育ちの私の大好物の、納豆汁には欠かせない食材です。

雑煮に入れる地域もあるようです。

 

ーうん?これも持っていくのか?

と、おじいちゃん。

 

\はい!いただきます!/

 

泥だらけの八ツ頭を、水を替えながら丁寧に洗うと、

洗い終わった八ツ頭

 

ようやくこんな感じに。

 

夕方までたっぷり遊んで、八ツ頭も沢山いただいて帰宅しました。

大量の八ツ頭

 


 

ちょっと遅めの夕食、

小さな八つ子を蒸して食べてみると、

八つ子

 

\美味しい!ホクホクして甘いね!/

と、子供たちも

そのまま何も付けずにパクパク食べていました。

 

ねっとりはしていますが、べっちょりはしないので、

これは煮物にピッタリですね。

 

子供たちが寝た夜9時過ぎ、

大量に持って帰った茎の皮を剥くことに。

八ツ頭の茎

 

手で剥いてはみたものの、

八ツ頭の茎の皮を剥きます

 

正解が分からない…

 

5本剥いたところで、なんとなくコツをつかんできました。

包丁を使って剥きます。

 

包丁で切れ目を入れて、そのままスーっと剥いていきます。

 

茎の周りをぐるっと剥きます。

 

茎をぐるっと1周剥き終わったら、

最後に反対側から、残ってしまったところを剥きます。

反対側から残った皮を剥きます。

 

これが正解かは分かりませんが、

結構きれいに剥けました (=゚ω゚)ノ

皮を剥いた八ツ頭の茎

 

と、調子に乗っていたら、

\痛たたたたたた!/

 

慣れない作業に、なんと手がつってしまいました。

 

1つ失敗したのが、この手!

手が黒くなります。

 

真っ黒になります。

 

これが洗ってもなかなか落ちない!

 

もし、やってみよう!という方がいらっしゃいましたら、

汚れてもいい服と手袋が必要かもしれません。

 

ザルに並べて、乾燥させることにします。

ザルに並べた芋がら

 

カラカラに乾燥するまで干してみます。

 

「自家製納豆」と「自家製芋がら」を使った納豆汁は、もうすぐです♪

 


 

実家が農家じゃないと、採れたての無農薬野菜を収穫できないと思っていませんか?

食育のため、子供と一緒に野菜を育ててみたい!と思っても、

✔ 毎週通うのは難しい
✔ 遠いと通いにくい

でも、無農薬の野菜を育ててみたい!

そんな方におすすめの、化学農薬を一切使わない

サポートも充実している貸し農園です。

農園は、全国で100か所以上、

都心からも比較的通いやすい立地です。

農具は借りることができるので、軍手と長靴があれば行けるかも!

 

説明会もオンラインで参加可能です。

詳細はこちらから→シェア畑のホームページ

タイトルとURLをコピーしました