年末恒例の『もちつき』のわが家流の楽しみ方

おやつ
スポンサーリンク

こんにちは。

都内で発酵ワークショップnanairo!を主宰しています、マキ太です。

はじめての方は、こちらもどうぞ→nanairo!の紹介

今年も、もちつきの季節がやってきました。

主人の実家が昔からお米を作っている農家という事もあり、

年末にみんなで集まってもちつきをします。

到着した朝8時、

ちょうどもち米を蒸しているタイミング

薪のはぜる音が響きます。

前日準備など全て任せてしまって、すみません(嫁マキ太)

頑張って餅つきます!!

つくのはパパ達、マキ太は合いの手です

準備をしていると、ちょうど一臼目のもち米が蒸し上がりました。

ふかし出来たよ~」の声に、

みんなお箸とお茶碗を持って集合!

青のりと醤油をさらっとかけ、いただきます。

ふかし、絶品!!

みんな食べる食べる。笑
一臼目・二臼目は出来上がりの餅が若干少なめです・・・

ちなみに今回のもちつきは、トータル八臼

早速作業開始です。

はじめの作業は、機械にお任せです。

形が丸くなったところで機械を止めます。←もち米のつぶつぶは残っている状態

100年以上使っている杵と臼、

大切に受け継がれています。

熱々の餅を杵でつきます。

マキ太合いの手の為、撮影不可

熱すぎて、台に移す時はしゃもじが必要です。←重いのでパパ達にお任せ

20~30回つくと、餅の弾力が増してきます。

つきたての餅は、本当に柔らかい

食べ方も地域によって違いがあるようです。←お雑煮と同じですね

主人の実家では、きなこ大根おろしで食べていました。

でも・・・

東北出身のマキ太、納豆餅をどうしても食べたい!!

と、数年前に持参しました。

マキ太は、納豆餅と砂糖醤油(焼海苔で巻く)餅とずんだ(枝豆)餅で育ちました

今は、子どもたちの一番人気になりました。

昨年からは、あんこ餅も仲間入りしました。

嫁マキ太、厚かましさ全開です。

来年はいちご持参しようかな・・・イチゴ大福用

もちつき後のひと仕事

主人の実家では、のし餅にします。←マキ太は丸餅でした

白餅・青のり入り・桜海老入り

自宅に戻った後、まだ柔らかい状態で切り餅にします。

冷凍庫で保存すると、長く楽しめます。

端の部分は、おかき用に小さくします。

10日程屋外で乾燥させます。

油でカラッと揚げて塩をふったら、子どもに大人気のおやつに!

↑洋風黒こしょうおかき

もちつきが終わると、もうすぐお正月。

今年も、家族みんなが元気に過ごせた事に感謝です。

タイトルとURLをコピーしました