塩レモンだけじゃない!?皮ごと使った子どもも100%満足レシピ

塩レモンだけじゃない!?丸ごと使った子どもも100%満足レシピおやつ
スポンサーリンク

こんにちは。

都内で発酵ワークショップnanairo!を主宰しています、マキ太です。

はじめての方は、こちらもどうぞ。

nanairo!の紹介

自家製の発酵食品を使った料理は、Twitterでほぼ毎日更新中。

マキ太@発酵生活

 


 

ホッとしたい時、

皆さんは何を飲みますか?

コーヒーや紅茶もいいですが、

リフレッシュ感はイマイチ・・・

そんな時は『レモンシロップ』を選択肢に入れてみるのはどうでしょう?

炭酸水で割ると、爽やかな香りが口いっぱいに広がり、

いい気分転換になります。

炭酸水の他にも、実は色々なもので割る事が出来るんです!

夏まで待てない!

ちょっぴり大人味な、子どもも大好きなレモンシロップです。

苦味がクセになる!?ちょっぴり大人味なレモンシロップの作り方

暖かい時期に採れる果物だと思われがちですが、

国産レモンのは、12~3月の冬の時期

10月頃に採れるスパイシーなグリーンレモンも人気があります。

関東では12月頃から徐々に色付き始めます。

少し緑色が残る状態で収穫し1ヶ月程追熟させる事で、

黄色が美しい完熟レモンになるのです。

防腐剤や防カビ剤を使用していないオーガニックのレモンは、

皮ごと使える奇跡の果物です。

とは言っても、丸かじり出来ないのがとても残念!

ビタミンCの代表選手のレモン、

皮ごと使って、暑い夏に飲みたくなるレモンシロップを作ります。

 

材料

・レモン ・・・およそ1.5kg
・氷砂糖 ・・・およそ850g

氷砂糖の分量は50~60%の範囲内で調整可能です。

レモンを選ぶ

今回は、レモンを皮ごと使うので、ノンワックスのレモンを使います。

輸入のレモンの多くは、ワックスが使用されていますので、

必ずノンワックスの表記のされているものから選んで下さい。

はちみつで漬ける

氷砂糖の代わりにハチミツで漬ける事ができます。

全部をハチミツで漬けた事もありますが、

シロップというよりジャムっぽくなりました。

ハチミツを使用する場合は、

氷砂糖とハチミツ半々で漬ける事をおすすめします。

皮を使うか、使わないか

レモンの皮を剥いて、中身だけで漬けるレシピもありますが、

わが家では皮付きのまま使用します。

皮を入れる事で少し苦味は感じますが、

飲んだ後ベタっとした甘さが残るより、

皮から出るフレッシュな風味が口の中に広がる方が、断然美味しいです!

 

レシピ

1.レモンをよく洗い、焼酎を含ませたキッチンペーパーで皮全体を拭く。
2.レモンを輪切りにする。
3.消毒した瓶に、レモンと氷砂糖を交互に入れる。
4.蓋をして上下に振る。
5.1週間程で完成。

今回、子ども達が主役で作ります。

『口は出しても、手は出さない』がモットーなので、

レモン厚すぎじゃない!?と突っ込みたくなるところですが・・・

それでも出来ます!笑

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC_3159-2.jpg です

1.5kgのレモン

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC_3164.jpg です

よく洗い、さらに焼酎を含ませたキッチンペーパーで皮全体を拭きます。

焼酎がヒリヒリしてしまう場合は、手袋を使用します。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC_3168.jpg です

レモンを輪切りにします。

出来るだけ薄くスライスして繊維を断つ事で、果汁が出やすくなります。

とは言え、丸のままだとグラグラしてしまうので、

輪切りが難しい場合は、半月切りにしましょう。

はじめに縦に半分に切って、切り口を下にすると安定します。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC_3167.jpg です

860gの氷砂糖を用意します。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC_3169.jpg です

消毒した瓶に、レモンと氷砂糖を交互に入れていきます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC_3177.jpg です

「氷砂糖持ってきて~」(マキ太)

とお願いしたら、なかなか戻ってこない長女。

しばらくして、

「なかったよ。」(長女)

買ったばかりの氷砂糖、おかしいな・・・

と思って一緒に探しに行くと、

一生懸命冷凍庫の中を探していました・・・

「えぇ~!何回も一緒に作ってるじゃん!(マキ太)

「だって氷砂糖って言ったから!」(長女)

今までずっと冷凍庫で固めて作ったものだと思っていたようです。

末っ子も、「氷砂糖、冷たくないね~!」

と一緒に笑って、楽しそう。

マキ太小学生の頃に友達と作った、

缶詰めのコーンスープに茹でたパスタを入れて作った『スープパスタ』を思い出しました。

食べた時は冷えっ冷えで・・・もう何と表現すればいいか。

今だったら、「それ、スープとパスタでしょ!」

って言えるのですが、子どもって言葉をそのままの形で理解するんですよね。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC_3182.jpg です

そんな事を言っている間に仕込みは完成です。

蓋をして数回上下を逆さにして振ります。

瓶が大きい場合は子ども1人だと難しいので、

ここはだけは手助けします。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC_3192.jpg です

「ママ~、ここに置いて写真撮るね。」(長女)

あぁ・・・よく見てる。

しかもちゃっかりチョークまで出してきて、

よく言えばおっとりの長女、こういう時だけは早い!

漬けておく1週間の間、氷砂糖が溶け残らないように

上下に数回振ります。

2週間後

レモンシロップ1週間後

レモンシロップが出来上がりました。

レモンシロップ1週間後、薄いレモン色

少しトロっとしています。

う~ん、レモンの香りがいい!

保存方法

漬けている途中、常温での保存が可能です。

長く楽しむ為、出来上がったらシロップを濾し冷蔵庫で保存します。

レモンシロップ、完成!

この量、夏まで残っていないよね・・・

ちなみに残ったレモンも、冷蔵庫保存です。

 

レモンシロップのおすすめの割り方

基本の割り方、炭酸水

わが家の1番人気、ズバリ炭酸水で割るレモンスカッシュ

レモンシロップ、イッタラのコップでいただきます。

冷たい飲み物には、iittala(イッタラ)のグラス。

大きすぎず、子どもにも扱いやすい大きさです。

レモンシロップ、スライスレモンも入れます。

市販の炭酸飲料が飲めない子ども達も、

これは飲めます。

おそらくかなり炭酸が抜けた状態でも、甘過ぎないのがいいのかな?

輪切りのレモンも一緒に入れると、一気におしゃれ度がupします。

 

豆乳ヨーグルトで作る、乳製品アレルギーっ子憧れの飲むヨーグルト

わが家には乳製品制限中のアレルギーっ子がおります。

なので、牛乳で作られたヨーグルトの代わりに

豆乳ヨーグルトを常備しています。

↑ヨーグルティアで簡単に増やせます。

市販の豆乳ヨーグルト

市販の豆乳ヨーグルトを種にしています。

ヨーグルトもそうですが、

ヤクルトや飲むヨーグルトって、乳製品アレルギーがある子にとっては憧れなんです。

何とか作ってあげたい!とずっと思っていました。

豆乳ヨーグルト100gとレモンシロップ20gを、

ミキサーで混ぜるだけ。

レモンシロップで飲む豆乳ヨーグルト

サラサラになったら、ストローでも飲める

レモン味の飲む豆乳ヨーグルトの出来上がりです。

※ミキサーで混ぜないと、タピオカか!?ってくらい出てきません。笑

 

残ったレモンスライスの活用法

残ったレモンスライスは料理に活用しましょう。

レモンシロップ、輪切りのレモンは料理に使います。

さつまいもと一緒に煮ると、

甘酸っぱいおやつのようなさつまいも煮に。

レモンシロップのレモンで煮たさつまいも

お弁当にもピッタリです。

まとめ

子どもも大人も大満足なレモンシロップ、いかがでしたでしょうか?

子どもと一緒に簡単に作る事ができますので、

勉強の合間に作ってみるのも、きっと楽しいですよ。

仕事と勉強の間に一息ついて、リフレッシュしましょう!

 

 

タイトルとURLをコピーしました