【季節の保存食】簡単!自家製豆板醤で作る『ふきのとう味噌』東京の発酵ワークショップnanairo!のレシピ

保存食
スポンサーリンク

こんにちは。

都内で発酵ワークショップnanairo!を主宰しています、マキ太です。

はじめての方は、こちらもどうぞ。

nanairo!の紹介

自家製の発酵食品を使った料理は、Twitterでほぼ毎日更新中。

マキ太@発酵生活

 


 

八百屋さんに、ふきのとうが並ぶ季節になりました。

もうすぐですね。

東京でも、早咲きの桜が見頃を迎えています。

ふきのとうと言えば、天ぷら。

わが家では、衣に自家製の魚醤で味付けをし、

塩でいただきます。

揚げたては最高!

わが家の子ども達、苦い苦いといいながら、大人以上に食べています。

↑それ、大人の食べ物!笑

↑今回使ったのは、ひらめの魚醤です

今回は、そんな春の足音を感じられるふきのとうで、

毎日の食卓にちょっとあると嬉しい『ふきのとう味噌』を作ります。

春の保存食、白いご飯に合うピリ辛ふきのとう味噌の作り方

↑小さめのふきのとう

山蕗(やまぶき)早生ふき

道の駅ならぬ、道の八百屋さんにて購入。

ふきのとうにも種類があるんです。

山蕗が、よりワイルドな味わいです。

↑野田琺瑯のスクエア深型M、緑が映えます

ふきのとうをみじん切りにします。

わが家の子どもたちは、ふきのとう好きなので、少し大きめにカットしています。

調味料を合わせておきます。

自家製の豆板醤味噌甘酒

それとみりんを、全て同量混ぜ合わせます。

↑わが家のダッチオーブン LODGEロッジのスキレット8インチ、少量の炒め物にいいです

ふきのとうがしんなりしてきたら、調味料を入れてさっと炒めます。

↑weckウェックのMOLD SHAPE 140mlにんにくのスプレットでも大活躍

白いご飯がすすむ、この時期にしか食べられない、

ピリ辛ふきのとう味噌の完成です。

材料に関する考察

・ふきのとうは、いたみが出やすいので、早めに調理する。

・甘酒ではなく砂糖を使用する場合、甘酒の半量にする。

・油は、オリーブオイルではなく、香りの強くない植物油を使用する。

工程に関する考察

・炒める時に、葉が焦げないよう、油をしっかりひく。

留意点

保存は、冷蔵庫で10日程度。

今回使った自家製調味料の作り方

↑ソラマメ100%の豆板醤、生のソラマメで作るのは4~5月限定

↑子どもも大好き!わが家の食べる米麹甘酒

タイトルとURLをコピーしました